スポンサードリンク

2012年04月05日

インドネシアでデモ


先週インドネシアに行って来ました。
目的は展示会でしたが、途中、人の出入りが少ないな〜って
感じていたところ、ジャカルタで大規模なデモがあり、
高速道路は封鎖状態だったようです。

で、何のデモなのかあとで聞いたところ、
ガソリン値上げ反対のデモです。

そのデモの写真を見せてもらいましたが、
そりゃえらい騒ぎ。

警官と市民の衝突。
一触即発状態。

もしかしたら、帰国できなくなるんじゃないかと
心配したほど、何万人規模の大きなデモでした。

日本に帰ってきてガソリンの店頭価格も上がってきており、
かなりびっくり。

150円を超えてました。

え〜!これって4年くらい前の価格に近くなってきているってことですねぇ。
当時一番高い時で、170円くらいでしたから、、、

で、民主党が頑張ってくれたおかげかどうかわかりませんが、
特別措置で20円くらい一気に下がったような記憶があります。


しかし、輸入に頼る日本は海外の情勢変化に弱いですね。
原油だけはいくら頑張っても、量産不可能ですもんね。
中国に生産移転っていうわけにもいかないし。



posted by しぇしぇ at 06:31 | Comment(0) | 日記

2008年06月29日

イタリアの思い出を

あまり更新しなくなったこのブログ。

実は海外に行く機会(出張)がめっきり減ったためでした。

ということで、初心に戻りというか、最初の出張の出来事を少し。


最初の出張は初めての海外、イタリアです。

イタリアで製品事故が起きたので手直しにいかなくてはなりません。
2ヶ月後の初出張の為にパスポートを申請中だった私しか、海外に行ける人がいません。

突然初出張は前倒しです。
英語も喋れないのに、イギリスで飛行機を乗り換えミラノへ行きました。

現地には日本人駐在員がいたためずいぶん助けてもらいました。
イタリアの食事、パスタ、珈琲、生ハムメロン、食後のグラッパ。

仕事も現地の人と二人きりで3日間。


本当に経験になりましたよ。
その後、2,3回イタリアには行きましたが、ミラノの空港に着いたらスーツケースのフレームが曲がって中が丸見え状態になっていることがありました。

そのときはすぐに空港にクレームを入れて、早速カバンを買いに町に繰り出したのですが、そのときに買ったのが、380000リラ(当時)のサムソナイトの緑の旅行用カバンでした。

もう15年くらい前の話ですが、今でもカバンは大事に使っています。というが、丈夫なので壊れません。

そのカバンとはのちのち一緒にヨーロッパを回ったり、南アフリカに行ったりアメリカに行ったりしました。今も現役で使っています。

サムソナイトとは知らずに買って、後になってサムソナイトがこれほど丈夫にできているのに気がつきました。

今後も機会があれば使っていきます。
posted by しぇしぇ at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月23日

自転車の変遷

前回の自動車事故に続いて、今回は以前紹介した電気自転車の紹介です。

bicycle.jpg


一番右の2人のしているのが最近の電気自転車です。日本の原付バイクとほとんど変わりません。

その左、オレンジ気味の自転車。普通の自転車に見えますが、バッテリー搭載で一応ペダルも付いています。これが少し前の電気自転車。

そして、左側(だいぶん小さいですが)自転車を押している人がいますね。この自転車がいわゆる日本で言う自転車で電池は搭載していません。

これら全て自転車ですが、みんなが通っているのが自転車用道路です。そして歩行者が道を横切ろうとすると、この自転車用道路をまず横切らなくてはなりません。

電気自転車は音がしないのに凄いスピードで走っていますから、道を横切ろうと右左を頻繁に見ていないと気がついたら電気自転車が近づいています。

今回もあまりのスピードでびっくりです。


写真は蘇州で撮ったのですが、蘇州は電気自転車が本当に多く、多分自転車の9割は電気自転車になっている感じです。

電気自転車の発達は、生活はどんどん便利になり体を動かさないようになってきている事をあわらしている象徴のひとつといえます。
そのせいかどうか、最近の中国では肥満気味の方を少し見るようになってきましたし…

タグ:電気自転車
posted by しぇしぇ at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年02月16日

商売としての英会話教室

2007/02/16付け朝日新聞によると、あのNOVAが特定商取引法違反の疑いで(本社と一部の教室が対象)、経済産業省と東京都の立ち入り検査を受けていたとのこと。

NOVAと言えば「駅前留学」「お茶の間留学」というコピーで町中に看板を出し、頻繁にCMが流れており、今やこの言葉を知らない人を探すのが大変なくらい浸透しています。

駅前留学と言うくらい、主要な駅には必ずと言っていいほどNOVAがあり、レッスンもお手軽な価格で受けられる事が魅力。

今回の事件は契約や解約時のクレームが多発していることから、立ち入り検査ということになったのでしょう。


・クレームのもとは
NOVAはポイント制と言われる料金体系を取っており、1ポイント40分のレッスンが受けられ、このポイントは事前に購入することになっています。

そして、ポイントは大量に購入すればするほど安くなる体系で、継続してレッスンを受ける人にとっては、1回辺りの料金が安くなる仕組みです。

これ自体とても良い制度だと思いますが、クレームが多いのは解約時の精算方法。

英会話を真剣に学びたい受講生でも、満足できない内容だったり、何らかの理由で途中解約をしなくてはならなくなることもあるでしょう。

そんな時、途中まで利用したポイントは、購入した単価で精算されるのではなく、「それまで利用したポイントだけ買いました」という精算方法になるようです。

つまり、500ポイント買ってポイント単価は1500円だったとして、支払った金額は500x1500=75万円。200ポイントだけ使用して解約するときは、普通に考えると、200x1500=30万円分しか使用しておらず、45万円は返却されると思えます。(購入単価は仮です)

しかし、解約時には200ポイントを買う場合の購入単価が適応されます。200ポイントの購入単価が2100円だったら、200x2100=42万円。つまり42万円利用したことになり、75万円-42万円=33万円。

45万円戻ってくると思いきや、33万円しか戻ってこない。

この精算のことは契約上どこかに記載されているとは思いますが、当然クレームになることは必然でしょう。実際何件かの訴訟も起きているようです。


・受講生に不利益がありませんように…
本来、駅前にあること、手軽に利用できる料金体系。これは英会話を学びたい人にとっては非常に嬉しい点です。

NOVAも商売として英会話教室をやっている以上、ボランティアじゃないので利益を出さないとやっていけないことは、受講生は理解した上で申込みをしているはずです。

適切な商売をするためには、客を喜ばす事をしなくては将来的に行き詰まる事は明白です。

現在NOVAに通って英会話をせっせと学んでいる人達は、今後も購入したポイントが無くなるまで学ぶ権利があります。

今回の事件で新規顧客の受付停止などに発展するとNOVAの営業を圧迫することになりますが、現在NOVAで真剣に学んでいる人達にとって不利益を被ることにならないように願います。



しぇしぇ


[PR]
まだ1万人しか知らない、8.4%の配当生活。

posted by しぇしぇ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2006年07月09日

火事だぁ〜〜〜

イギリスのホテルで二度も火災報知器の洗礼を浴びました。
どちらも明け方の事でした。


7時に起きるため目覚ましをかけて寝たのですが、明け方5時頃、目覚ましの優しい音とは正反対の凄まじい音で起こされました。


「ジリリリリリリリリリリリリーーーーーー………」

火事だぁ〜〜〜の続きを読む
posted by しぇしぇ at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
相互リンクネットワーク
SEO対策 | Links