スポンサードリンク

2007年02月16日

商売としての英会話教室

2007/02/16付け朝日新聞によると、あのNOVAが特定商取引法違反の疑いで(本社と一部の教室が対象)、経済産業省と東京都の立ち入り検査を受けていたとのこと。

NOVAと言えば「駅前留学」「お茶の間留学」というコピーで町中に看板を出し、頻繁にCMが流れており、今やこの言葉を知らない人を探すのが大変なくらい浸透しています。

駅前留学と言うくらい、主要な駅には必ずと言っていいほどNOVAがあり、レッスンもお手軽な価格で受けられる事が魅力。

今回の事件は契約や解約時のクレームが多発していることから、立ち入り検査ということになったのでしょう。


・クレームのもとは
NOVAはポイント制と言われる料金体系を取っており、1ポイント40分のレッスンが受けられ、このポイントは事前に購入することになっています。

そして、ポイントは大量に購入すればするほど安くなる体系で、継続してレッスンを受ける人にとっては、1回辺りの料金が安くなる仕組みです。

これ自体とても良い制度だと思いますが、クレームが多いのは解約時の精算方法。

英会話を真剣に学びたい受講生でも、満足できない内容だったり、何らかの理由で途中解約をしなくてはならなくなることもあるでしょう。

そんな時、途中まで利用したポイントは、購入した単価で精算されるのではなく、「それまで利用したポイントだけ買いました」という精算方法になるようです。

つまり、500ポイント買ってポイント単価は1500円だったとして、支払った金額は500x1500=75万円。200ポイントだけ使用して解約するときは、普通に考えると、200x1500=30万円分しか使用しておらず、45万円は返却されると思えます。(購入単価は仮です)

しかし、解約時には200ポイントを買う場合の購入単価が適応されます。200ポイントの購入単価が2100円だったら、200x2100=42万円。つまり42万円利用したことになり、75万円-42万円=33万円。

45万円戻ってくると思いきや、33万円しか戻ってこない。

この精算のことは契約上どこかに記載されているとは思いますが、当然クレームになることは必然でしょう。実際何件かの訴訟も起きているようです。


・受講生に不利益がありませんように…
本来、駅前にあること、手軽に利用できる料金体系。これは英会話を学びたい人にとっては非常に嬉しい点です。

NOVAも商売として英会話教室をやっている以上、ボランティアじゃないので利益を出さないとやっていけないことは、受講生は理解した上で申込みをしているはずです。

適切な商売をするためには、客を喜ばす事をしなくては将来的に行き詰まる事は明白です。

現在NOVAに通って英会話をせっせと学んでいる人達は、今後も購入したポイントが無くなるまで学ぶ権利があります。

今回の事件で新規顧客の受付停止などに発展するとNOVAの営業を圧迫することになりますが、現在NOVAで真剣に学んでいる人達にとって不利益を被ることにならないように願います。



しぇしぇ


[PR]
まだ1万人しか知らない、8.4%の配当生活。



posted by しぇしぇ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブログで英会話
Excerpt: 英会話についてのブログです。よかったら見に来てください。
Weblog: 英会話を動画で楽しむサイト
Tracked: 2007-02-16 12:59
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
相互リンクネットワーク
SEO対策 | Links