スポンサードリンク

2006年09月24日

身振り手振りは口より物を言う?

日本人が外人さんの物まねをするとき、英語を喋るように日本語を発音し、身振り手振りが大きくなるのを見たことはありませんか?

これは大げさではなく、本当に身振り手振りは普通にあるんですよね。

よく考えると…、英語を喋るとかに関わりなく自分の表現を大きく見せる、言葉に動作を加えて注意を引き、話しを聞いてもらう。
いろいろ意味があると思いますが、身振り手振りは英語を言葉として話す以上に言葉の内容を伝えてくれることがあります



その昔英語も良く理解できない時に外人さんと会話をしていると、

「この人動作が大げさだな〜」とか思いながら英語(の音だけ)を聞いていましたが、その人が何を言いたいのかその動作でだいたい分かります。

たとえば、安堵の時「旨をなで下ろす」や「額の汗を拭う」動作。
一瞬で分かりますよね。

そういえばアニメの「トムとジェリー」は台詞など無いですよね。動作と表情で全て現されています!

最近私も英語を喋る時は身振り手振りが出てきたので、「この人動作が大げさすぎるんだよ!」って思われているかもしれません(^^;)

身振り手振りをしていても、相手に通じていないときは「それなに?」って聞かれますが、派手な動作をしている時は「なにそれ」攻撃はあまり受けません。理由はわかりませんけど…。

でも、今の私はこの動作が不可欠な存在です。もう英語以上に必要です。だって中国にいるときに片言の中国語で話しても、更に言うと「日本語」で言っても伝わることがあるんですもん!

身振り手振り、あと表情。これは最大の武器です!



しぇしぇ


posted by しぇしぇ at 19:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 英語
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中国語会話の可能性
Excerpt: 中国語を学習して経済的自由を手に入れるブログ【中国語最速学習法】 独学で高い中国語会話力をつけて経済的自由を目指す人にとって最適な中国語学習法がわかるサイト!中国語学習法や さまざまな中国語教材につ..
Weblog: 中国語会話最速学習法
Tracked: 2006-09-27 16:10
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
相互リンクネットワーク
SEO対策 | Links