スポンサードリンク

2008年07月12日

英語村と米韓の関係改善

韓国の小さな村で英語学習が在韓米軍のボランティアによって行われています。英語学習の新しい取り組み方ですね。

このように小さな地域が、友好的な韓国とアメリカの絆を繋ぐ役割を果たしているのかもしれません。

韓国では牛肉輸入問題もあり、反政府運動が活発になっているので、アメリカに対して不満をぶつける人が多いのかもしれませんが、英語学習がこのような不測の事態を雪解けさせてくれるようになるとうれしいですね。


ボランティアで行われている英語学習は米軍と市民どちらにも好評のようですね。今では噂が広まり、近郊都市からもわざわざ来ている方もいるとかで、受講待機者もいるほど人気のようです。


英語の学習方法は様々あるのでしょうが、このようにネイティブの話す生の英語に接する機会があることが一番ためになる英語学習法だと思います。


住民と米軍の心をつなぐ韓米イングリッシュタウン(中央日報)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=102294&servcode=400§code=400
人口9万人の小さな都市、東豆川(トンドゥチョン)に英語学習ブームを起こしたイングリッシュタウンは2006年12月、米軍の分かち合いボランティア活動のひとつとして始まった。米軍基地に勤務したことのある東豆川市総合ボランティアセンターのキム・キョンジャ所長(67、前東豆川市議会議長)が米軍第2師団に話を持ちかけ、実現させたものだ。





英語を話す機会がない方でもこちらの教材はおすすめです♪
あの人が旅先でスペイン語と英語を使っていた秘密の学習法とは? →クリック



2ヵ国語を同時に学ぶと早くマスターできるという相乗効果を生かし、
『スピードラーニング』独自の聞き流す学習法で、英語プラスもう1言語を身につける教材です。特にスペイン語がおすすめ!

世の中にたくさんの言語がありますが、英語、中国語、スペイン語を話せると全世界の8割以上の人と会話ができるんじゃないでしょうかね?


タグ:英語学習
posted by しぇしぇ at 12:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
相互リンクネットワーク
SEO対策 | Links