スポンサードリンク

2008年06月29日

イタリアの思い出を

あまり更新しなくなったこのブログ。

実は海外に行く機会(出張)がめっきり減ったためでした。

ということで、初心に戻りというか、最初の出張の出来事を少し。


最初の出張は初めての海外、イタリアです。

イタリアで製品事故が起きたので手直しにいかなくてはなりません。
2ヶ月後の初出張の為にパスポートを申請中だった私しか、海外に行ける人がいません。

突然初出張は前倒しです。
英語も喋れないのに、イギリスで飛行機を乗り換えミラノへ行きました。

現地には日本人駐在員がいたためずいぶん助けてもらいました。
イタリアの食事、パスタ、珈琲、生ハムメロン、食後のグラッパ。

仕事も現地の人と二人きりで3日間。


本当に経験になりましたよ。
その後、2,3回イタリアには行きましたが、ミラノの空港に着いたらスーツケースのフレームが曲がって中が丸見え状態になっていることがありました。

そのときはすぐに空港にクレームを入れて、早速カバンを買いに町に繰り出したのですが、そのときに買ったのが、380000リラ(当時)のサムソナイトの緑の旅行用カバンでした。

もう15年くらい前の話ですが、今でもカバンは大事に使っています。というが、丈夫なので壊れません。

そのカバンとはのちのち一緒にヨーロッパを回ったり、南アフリカに行ったりアメリカに行ったりしました。今も現役で使っています。

サムソナイトとは知らずに買って、後になってサムソナイトがこれほど丈夫にできているのに気がつきました。

今後も機会があれば使っていきます。


posted by しぇしぇ at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年06月17日

英語とダイエットの親密な関係

http://japan.zdnet.com/sp/feature/08eric/story/0,3800086749,20375107,00.htm
英語とダイエットがいかに共通性があるか!っていう
エリック松永さんの面白いコラムです。

この中で述べられている共通性とはズバリ、

「モチベーション」


これを維持することがどれほど大変かと言うこと。

確かにモチベーションを維持するためには強力な目的意識がないとダメですね。

そしてその強力な目的意識は潜在意識に到達するほどに根っこから強く、激しく思えるものじゃないと、その領域まで到達しないと思います。


ダイエットにしろ、英語を習得するにしろ、その成功したときの自分の姿をありありと目の前に思い浮かべることができるか。

成功した後の自分がどのような生活をしているか、創造できるか。


自分が英語ができた後に何をしようとしているのか、この最終着陸地点がありありと思い浮かべることができれば、モチベーションは簡単に維持できると思います。

英語やダイエットに限らず、どんなことをやり遂げようとしても、最終的な目的地点を強く強く思い続けることが大事なんです。


記事の中では、マズローの5段階階層を使った場合の例が書かれていますが、大変面白い着眼点だと思います。

いろいろなことに当てはめて考えられそうなモデルですね。

posted by しぇしぇ at 06:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 英語
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
相互リンクネットワーク
SEO対策 | Links