スポンサードリンク

2007年04月05日

英語での禁句〜私の失敗談

10年ほど前に南アフリカに行きました。もちろん出張ですが、当時は英語は話すことはおろか、聞く事もままならない状態でした。

その時の出張は一人ではなく、英語のできる同僚がいたので英語は頼りっぱなし。私はもっぱら日本語のみという情けない状態でした。

現地の滞在が2週間ほどでしたので、仕事が終わってからとか、休日には現地人が良くケアーしてくれます。本当にいい人たちばかりでした。


その出来事が起こったのは平日です…

その日、仕事がいつもより早く終わりました。
「あれ?なんで今日はこんなに早く帰るんだろう」と思っていると、「今日はスティーブの家でバーベキューをやるから、7時にホテルに迎えに行くから用意してろって」(当然同僚から日本語で聞きました)

バーベキューは良いけど、知らない人とかみんな集まってくるんでしょ?それは当然ですよね。
私は英語が聞けない、しゃべれない状態でしたから、そんな場所で現地人とビール片手にバーベキューを食べながら団らんを楽しむなんて不可能の二乗でした…

でも、約束通り迎えが来てバーベキューの場所へ連れて行かれました。そして案の定、たくさんの家族が来ているじゃないですか!

「あ〜、どうしよう」(T_T)

そんな焦る自分のところに、やはり来ました。ビール片手にいろんな人が。
やっぱり、南アフリカに日本人がいるのは珍しいから、みんな話しに来るんです。

そして私は……






(無)





貝になりました…



でも、これじゃだめ!そう自分に言い聞かせて奮起して出たことば

「I cannot speak English」


……………


やってしまいました…

もう後の祭り。潮が引くように私のまわりから人は去っていき、英語を喋るチャンスを失うだけでなく、気まずい夜を過ごすことになったのです。

その後は、もう覚えてません。ただその場の雰囲気にとけ込むことができず、苦しんだ気まずい気持ちだけが残りました。


その時に教訓として体で覚えました。
英語はしゃべれなくても、「喋れない」は禁句だと。
この言葉を喋れても、失うことのほうが多いのです。

その後二度とこの言葉を口にすることは無くなったのは言うまでも有りません。



しぇしぇ


英語を英語として理解するための訓練としておすすめ教材
スーパーエルマー
資料請求するとサンプルCDが無料でもらえるので、「英語を英語として理解する」っていう感覚を手軽に体験できます。
他の教材に比べて英語に対するストレスが格段に少ない、おすすめの教材。

↓↓無料CDをもらっちゃいましょう。↓↓






posted by しぇしぇ at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
相互リンクネットワーク
SEO対策 | Links