スポンサードリンク

2007年02月24日

日本人おばちゃんパワー

10年ほど前のことです。ロンドンヒースロー空港での出来事。

ヒースロー空港は免税店が多く、ロンドンの町でブランド品を買い忘れてもここで調達できます。

しかしさすがロンドン、英語もろくにしゃべれない日本人おばちゃんがうようよしていました。

私は自分の土産もそこそこに歩き疲れたので免税店の前の椅子で休憩をいていたら、日本人おばちゃん軍団が目の前の免税店でなにやら物色しています。

おばちゃん達は次々と買い物をしてレジで会計を済ませている中、すでに買い物を終えた一人のおばちゃんがレジのお姉さんに向かって大声で話しかけていました。

「袋もう一つちょうだい、ふくろ!」

もちろん英語じゃありません。コテコテの日本語

最初レジのお姉さんは目をきょとんとさせていました。でもおばちゃんの言うことを聞こうと振り返ると、さらにおばちゃんは

「袋が欲しいの。わかる?」

イギリス人のお姉さんが日本語をわかるはずもなく、どうなるか見ていたところ、

な、なんとお姉さんはおもむろに袋を取り出し、おばちゃんに渡しているではないですか!もしかして、日本語わかったのか?
い、いや、それはあり得ません。だって日本語喋られていたときはキョトンとしてましたし…

これは私にとってはかなり衝撃的な出来事でした。

英語ができない、しゃべれない自分がいやだったのに、そのおばちゃんは日本語とちょっとしたボディーランゲージで事を済ませてしまったんです!


その時にわかりました。英語は下ヘタでも構わない。通じることが目的なのだと。


しぇしぇ


posted by しぇしぇ at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2007年02月17日

おすすめの英語メルマガ

英語をメルマガで配信している方は大勢います。
どんなメルマガを購読するのが良いのでしょうか?

まぐまぐ!自分の目的にあった英語のメルマガを探してみましょう!。

まぐまぐ!
メールマガジンカテゴリ分類 > 語学・資格 > 英語
を見るとなんと1000誌以上のメルマガが登録されています。

TOEIC対策、英語時事ネタ、英会話……
次のページをめくるのもいやになっちゃいますね。

そこでおすすめのメルマガを紹介します。独断ですが(笑)

■ 英語感覚とリスニング力アップに
まずは、TOEICリスニング・リーディング特効薬!

先日紹介した、英語教材スーパーエルマーの東京SIM外語研究所が発行するメルマガです。内容は時事ネタを頭から訳し、解説を行っていくというもので、スーパーエルマーの方針が踏襲されています。解説も非常に丁寧に書かれています。

メルマガに書かれている内容の音声もメルマガ発行に合わせてWeb Siteにあり、Windows標準プレーヤで聞くことができます。mp3形式で保存されていますので、ダウンロードし、後でゆっくり印刷したメルマガを見ながら携帯プレーヤーなどで聞くことができます。

毎週木曜日に配信されますので、1週間1テーマでその音声を聞き続けて行けば、リスニング力アップは間違いないでしょう。

これだけでも有料の価値がある英語教材と思いますが、東京SIM外語研究所の販売しているスーパーエルマーはこれに輪をかけて、高速音声などを利用したり、頭から音を理解するための工夫がされており、本格的に学習したい方はこちらをおすすめします。英語感覚の習得スピードはメルマガの5〜10倍早いと思います。まずは無料でおためし下さい。






■ 英字新聞メルマガでは
毎日短い時事ニュースが送られてきます。
毎日1分!英字新聞

毎日1分というコンセプトで、非常に短いながらも旬の話題が毎日英語で送られてきます。厳選された内容の英語は毎日ネイティブによって作られているとのことですが、基本のイディオムや言い回しなどはきっちりと入れ込まれています。

英字新聞はヘッドライン(ニュースのタイトル)が非常に難しいのですが、毎日1分英字新聞はヘッドラインにも気が使われています。このヘッドラインに毎日触れることになるので、いやでも英字新聞を読む感覚が養われます。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが、このメルマガはもう何年も毎日発行されており、今までのメルマガをまとめた書籍も何巻か販売されいます(書籍は手が加えられており、さらに内容は充実してます)。また最近は携帯用メルマガも発行されています。移動中もお手軽に英字新聞を読むことができます(内容はPCと携帯で同じです)。

また、著者の石田健さんは知る人ぞ知る、アフィリエイトの世界でも第1人者です。最近石田さんの会社アカデミアジャパンからすごい商材も販売されています。興味のある方はどうぞ。

ガバチョ!(RSSを取り込んでHTMLの静的ページを自動で作るツールです)


しぇしぇ
posted by しぇしぇ at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語

2007年02月16日

商売としての英会話教室

2007/02/16付け朝日新聞によると、あのNOVAが特定商取引法違反の疑いで(本社と一部の教室が対象)、経済産業省と東京都の立ち入り検査を受けていたとのこと。

NOVAと言えば「駅前留学」「お茶の間留学」というコピーで町中に看板を出し、頻繁にCMが流れており、今やこの言葉を知らない人を探すのが大変なくらい浸透しています。

駅前留学と言うくらい、主要な駅には必ずと言っていいほどNOVAがあり、レッスンもお手軽な価格で受けられる事が魅力。

今回の事件は契約や解約時のクレームが多発していることから、立ち入り検査ということになったのでしょう。


・クレームのもとは
NOVAはポイント制と言われる料金体系を取っており、1ポイント40分のレッスンが受けられ、このポイントは事前に購入することになっています。

そして、ポイントは大量に購入すればするほど安くなる体系で、継続してレッスンを受ける人にとっては、1回辺りの料金が安くなる仕組みです。

これ自体とても良い制度だと思いますが、クレームが多いのは解約時の精算方法。

英会話を真剣に学びたい受講生でも、満足できない内容だったり、何らかの理由で途中解約をしなくてはならなくなることもあるでしょう。

そんな時、途中まで利用したポイントは、購入した単価で精算されるのではなく、「それまで利用したポイントだけ買いました」という精算方法になるようです。

つまり、500ポイント買ってポイント単価は1500円だったとして、支払った金額は500x1500=75万円。200ポイントだけ使用して解約するときは、普通に考えると、200x1500=30万円分しか使用しておらず、45万円は返却されると思えます。(購入単価は仮です)

しかし、解約時には200ポイントを買う場合の購入単価が適応されます。200ポイントの購入単価が2100円だったら、200x2100=42万円。つまり42万円利用したことになり、75万円-42万円=33万円。

45万円戻ってくると思いきや、33万円しか戻ってこない。

この精算のことは契約上どこかに記載されているとは思いますが、当然クレームになることは必然でしょう。実際何件かの訴訟も起きているようです。


・受講生に不利益がありませんように…
本来、駅前にあること、手軽に利用できる料金体系。これは英会話を学びたい人にとっては非常に嬉しい点です。

NOVAも商売として英会話教室をやっている以上、ボランティアじゃないので利益を出さないとやっていけないことは、受講生は理解した上で申込みをしているはずです。

適切な商売をするためには、客を喜ばす事をしなくては将来的に行き詰まる事は明白です。

現在NOVAに通って英会話をせっせと学んでいる人達は、今後も購入したポイントが無くなるまで学ぶ権利があります。

今回の事件で新規顧客の受付停止などに発展するとNOVAの営業を圧迫することになりますが、現在NOVAで真剣に学んでいる人達にとって不利益を被ることにならないように願います。



しぇしぇ


[PR]
まだ1万人しか知らない、8.4%の配当生活。

posted by しぇしぇ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年02月12日

実はハングルも…

韓流ブームもこれまでのような熱い勢いはスピードダウンしているようです。

でも、一歩下がって韓流をみてみると、もうすでに十分な根をはっているため、熱くなる必要はなく日本人の意識の中に韓流が浸透してきたんだなぁ〜と感じます。(今TBSでやっている「夏の香り」にはまってきました)

自分の話で恐縮ですが、日韓共催ワールドカップが始まる2年ほど前のこと。今から6年ほど前ですね。両国で試合が中継されることがわかっていましたから、スタジアムにはハングル文字が並ぶだろうと思いました。

「そうだ、なんとしてもスタジアムのハングルを読んでみよう!」

そう思いついた私は、「やさしい韓国語」みたいな本を1冊買いました。でもやはり思いつきは思いつきだけです。買うと安心の参考書、勉強はしないままほったらかしでした。

その1週間後にたまたまドイツへ仕事で行くことになり、どうせ機中は暇だからハングルでも勉強するか、と思ってその本を持ち込みました。

そして機中の8時間やりました。ハングルのみ。久々に勉強8時間もやりました。それも1からのハングル。

で、その結果、ドイツに着いたときには自分の名前をハングルで書けたし、ハングルの仕組みがある程度わかったので、だいたいのハングル文字を読むことができました。

その時に初めて知ったのですが、ハングルも助詞の「て、に、を、は」があり、文法は日本語そのままじゃないですか!


まあそんなことがあり、ハングルを始めたのですが、ちょっとわかるとおもしろくなるのが世の常。帰国後早速NHKラジオのハングル講座を始めました。ただ聞くだけで半年が過ぎました。聞くだけ聞いたのは偉かったが…

半年経過しても全くわからないんです。なんだか音になじめないんです。半年時間が過ぎただけ。ものすごく後悔しました。

それはそうです。ただNHKラジオを聞いていただけですから。
なら、「もう一度1からやってみよう。」今度はそう決心して新たな半年は毎日予習復習をしました。っていっても10分くらいですが。

そしてさらに半年たちました。

もうそこには半年前の自分と全く異なる、ハングル初級を制した自分がいました。

で、で、目的のワールドカップが始まり、ワクワクしてみていると…

スタジアムには、ハングルありました。読めました。意味もわかりました。
もう、本当に感動しましたね。目的達成!(T T)


その後、冬ソナを始め韓流ブームが押し寄せてきたのですが、私はマイペースで勉強を続け、昨年念願の韓国に2泊3日で行くことができました(たまたま出張ですが)。そのとき少しだけでしたが、ハングルの会話を現地の方と楽しむことができました。


韓国の人たちは、私がハングルを片言でも喋ると、一生懸命聞いてくれます。そして好意をもって接してくれることがほとんどでした。韓国大好きです。
焼肉もおいしいし、女性は綺麗だし…?!(笑)

私はこれからもハングルの勉強はは続けていくでしょう。
地道に無料で勉強できるNHKのハングル講座、おすすめです。




スピードラーニングの韓国語版もおすすめです。
英語版と同じコンセプトで作られていますので、効果は言うまでもないでしょう。

posted by しぇしぇ at 11:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国

2007年02月11日

日本人の発音考

英語ができない人からすると、外国にしょっちゅう出かけるビジネスマンで、英語で何も不自由なくビジネスができる人達、外人と英語で冗談を言いあっているような、そんな人達は羨望の的であり、もの凄くきれいな発音で喋っているように聞こえてしまいます。

しか〜っし!良く聞いてみるとこれが違うんです。

コテコテの日本語訛りで英語を話している人も非常に多いです。


前に日本人にとってカタカナの功罪を考えてみましたが、ネイティブの発音に慣れていない日本人は、日本語訛りのカタカナ英語がとっても聞き取りやすいのです。逆に考えると、それは日本語の音であり、英語の音ではないのです。

で、なにが言いたいのかというと、そんな日本語英語でも十分に欧米人とコミュニケーションが取れるし、ビジネスをこなせるわけで、必死になって発音を矯正する必要も無いし、そんな時間があったらひたすら色々な音の英語を聞いた方が為になります。

(実はこれが発音を矯正する事にもなるのですけど…)

だからそう、怯(ひる)むことはまったく無し!
堂々と日本語訛りの英語で話しをすれば良いのです。


話すことは簡単、何と言っても話すコツと言い換えるコツさえ身につければ何とかなりますから。


しぇしぇ
posted by しぇしぇ at 01:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語
Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
相互リンクネットワーク
SEO対策 | Links